京都 愛染倉便り

ARCHIVE PAGE

archive: 2011年11月  1/4

おいしい野菜

リストランテより日本文芸社より1冊の本が出版されました。『自然栽培野菜が食べられるレストラン』 としてリストランテアゼクラも紹介されています「自然栽培」とは無農薬、そして肥料を使わない栽培で、ナチュラルハーモニー代表 河名秀朗さんと築地御厨 内田悟さんの対談野菜本来の姿、味とは・・・・とても興味深い内容となっています。セコンドシェフの仕事~本日のお料理~         牛ホホ肉の赤ワイン煮込み『...

  •  0
  •  0

もみじがり②

セコンドシェフの仕事見ごろを迎えた愛染倉の紅葉を集めてきましたお料理のお皿に飾ってみたところかなり好評(ヤッタネ)その中でも一番のお気に入り赤・黄・黄緑・緑と 何と贅沢な色使い!!レインボーもみじですね。 これは。庭園より空は曇り気味ですが 暖かい北山です。まだまだ赤くなっていく愛染倉のもみじ。入口の紅葉もバッチリですそして「ノムラモミジ」春よりも澄んだ赤に染まってきました!おかみの仕事お願いがご...

  •  0
  •  0

サルビア

セコンドシェフの仕事上賀茂池西農園さんのサルビアの花です。この真っ赤な花の『花言葉』燃える思い恋の情熱家族愛    だそうです。情熱系ですよね、この色はサルビアはシソ科の多年草で原産地はブラジル。・・・・情熱系ですよね?(なんとなく 笑)庭園より夕日の時間、もみじが燃えるように真っ赤に染まっていたのでまたまた屋根に登って撮影を!そしたら「私」のシルエットが手も振ってみました ...

  •  0
  •  0

1本でも・・・

セコンドシェフの仕事さて、これは何でしょう?全体図です。ゴボウじゃないです。そうです、人参なんです。紫色の。断面はこんな感じもうこれは芸術ですよね? ・・・・・美しすぎる最近野菜の美しさに心を奪われがちなんです・・・・特に仕事中(笑)庭園より朝は冷え込みましたがお昼はとっても暖かく心地よい天気の北山です。いまから竹林人前式で新婦様とお父様がご一緒に入場するところを パチリ木漏れ日の中 粛々と式が執...

  •  0
  •  0

パンフィーネ

セコンドシェフの仕事『パンフィーネ』 新作ですテイクアウト用です。良質な小麦と有機レーズン、そしてたっぷりのミルクを使って焼き上げた もちもちしっとりのプチパンです。シナモンの香りを効かせて・・・あ~たまりません あ、エスプレッソバージョンもあります(うちのスタッフはエスプレッソ派みたいです 笑)私の仕事ちょっと 新作、私食べてませんけど この間集めた「柿の葉」、私のデスクトップの背景にしました晴...

  •  0
  •  0

ターサイ

セコンドシェフの仕事美山のターサイです。スゴイ大きさですよね?遠目で見ると大きな花みたいですよね?「ですよね」言いすぎですよね?(スミマセン笑)さて、この“ターサイ”アブラナ科アブラナ属、白菜と同じ仲間で中国の代表的な冬野菜です長い葉柄の先に丸い葉をつけたサマがスプーンに似ている事から「しゃくしな(杓子菜)」と呼ばれることも又、2月に収穫されたものが最も美味なことから「きさらぎな(如月菜)」とも呼ば...

  •  0
  •  0

レインボーキウイ

セコンドシェフの仕事名前を聞いて最初にイメージしたのは「えっ何色?」 でした「中身どーなってんの?」などスタッフ一同 ソワソワまぁまぁ 落ちついて落ちついて ふ~・・・と言いつつ私が一番盛り上がってました(笑)皮は茶色がかってキウイ独特の“うぶ毛”はありません。皮をむいてみると・・・中から黄色と赤の鮮やかなコントラストが!!食べてみて一番驚いたのが、とにかく甘い!!酸味はほとんどありません。ねっとり...

  •  0
  •  0

屋根の上

日中、陽に当たると心地よい北山です。ランチは満員御礼がありがたいですね、ただ明日から下り坂との予報が気になります今日は屋根に上って外から酒蔵ともみじを撮ってみましたつぎに翠風閣です、 ここからは京都の町並みを展望できます。スゴイ!ボリュームでしょ今度は下に降りて・・・いくら写しても飽きません下から見上げるもみじがとてもきれいなのですが もう少し撮影の腕を上げないとなかなか旨く撮れません。いや~毎日...

  •  0
  •  0