京都 愛染倉便り

ARCHIVE PAGE

archive: 2012年09月  1/4

あべきた

リストランテより地域情報誌「あべきた」 10月号が届きました。         リストランテ アゼクラ広告R氏の撮影した写真を掲載レストランまでのエントランス、縦長なのでカットされてますが 実際の写真はご覧の自信作!さて台風が近づいてきておりますが、足元がお悪い中お越しのお客様、ほんとうにありがとうございました庭園より台風の影響とはいえ、 お庭にとっては久しぶりの雨。これは朝、撮影したのですが、小雨で...

  •  0
  •  0

ハーブ

セコンドシェフの仕事上賀茂・池西農園さんの摘みたてハーブをご紹介しますまずはミントに似た形のこちら『レモンバーム』 です南ヨーロッパ原産のシソ科多年草のハーブです。シトラールという成分を含み、名前の通りレモンの香りがします夏の終わりに小さな白い花をつけ、ミツバチをひきつけることから「メリッサ」(ギリシャ語でミツバチ)という名がつけられました。そしてシャープな形のこちらは『レモンバーベナ』アルゼンチ...

  •  0
  •  0

撮影

セコンドシェフの仕事地域の歴史や文化を紹介する季刊誌として創刊された『大人の贅沢』という雑誌の取材がありました今年の3月に松本版、7月の軽井沢版に続き3ヶ所目の上越、そして10月下旬発売の京都版にAzekuraが掲載されることになりました京都でも~選びすぐり~の50軒が紹介される『大人の贅沢』 。私達スタッフの熱い想い(と視線)をうけて 女性カメラマンも真剣です。料理は二品        ~自家製手打ちパス...

  •  0
  •  0

セコンドシェフの仕事美山のやおや“キッチンガーデン”さんから、秋の味覚『栗』 いただいてきました山野に自生しているものなので栽培品種と比べるとちょっぴり小粒渋皮を残した状態でオーブンでローストすると外カリ 中ホクで超うまうまです。この栗、香りの成分はメチオナール(サツマイモの香りの主成分)とフラノン(イチゴやパイナップルに含まれる)からできているらしく、「サツマイモ」 はわかりますが、イチゴとパイナッ...

  •  0
  •  0

洋梨

セコンドシェフの仕事ヨーロッパ原産、バラ科ナシ属の果実、『洋梨』 です芳醇で甘く、まろやかな食感が特徴で、熟してきた時の強い芳香にメロメロです「梨尻柿頭」 (なししりかきあたま)という言葉を聞いたことがありますか?梨はお尻の部分が甘く、柿は頭の方が甘い、という意味で果物の中でも甘さの強い部分が違うんですネ花がついていた所に近い方が甘いらしく、梨やリンゴはお尻側、柿はヘタのついてる方に花があった、と...

  •  0
  •  0

祝2周年

セコンドシェフの仕事日曜日のディナーに愛染倉で披露宴をして下さり、ちょうど2周年となる御夫婦がお越し下さいました「去年は車で来たから飲めなかった」という事で、今年はもちろんTAXIでうちのマネージャーR氏イチオシの スプマンテフェスタしっかり楽しんでいただきましたいついつまでもお幸せに庭園より散策にはもってこいのお天気です。窓を開けてると心地よい風が入ってきますそういえば蝉の鳴き声が聞こえなくなりました...

  •  0
  •  0

すだち

セコンドシェフの仕事美山のやおや“キッチンガーデン”さんから『すだち』 仕入れてきましたやっぱり今の季節、すだちの香りが恋しくなりますよネ仕上げに ピピッと搾るだけで料理が ググッとひきたちます皮もおろし金でおろして お皿にふりかけるとテーブルへ運ばれた時に フワリと香るのです(柔軟剤のCMみたいデスネ)なんとすだちはレモンを上回る豊富なビタミンCの持ち主今なら裏メニューで 「すだちティー」 召し上がって頂け...

  •  0
  •  0

山伏茸

セコンドシェフの仕事サンゴハリタケ科サンゴハリタケ属のキノコ、『ヤマブシタケ』 です。( サンゴ・・・・   納得。)夏の終わりから秋にかけて生えてくるキノコで、地方によっては「ウサギタケ」や「ハリセンボン」 とも呼ばれてるそうです。「ヤマブシタケ」 というのは山伏の装束の胸の部分についている梵天(丸い飾り)に似ていることから付けられた名前。ヤマブシタケの研究ではアルツハイマー型の抗認知症効果や、女性...

  •  0
  •  0