2014年03月の記事 - 1ページ目 - 京都 愛染倉便り

京都 愛染倉便り

ARCHIVE PAGE

archive: 2014年03月  1/3

サプライズ

セコンドシェフの仕事高史家のご披露宴で素敵なサプライズがありました なんとゲストの皆様が帰られた後に、新郎様から新婦様へバースデーケーキ&メッセージプレートのサプライズ「これからもよろしく」なんか、いいですよね 素敵なお二人の幸せをスタッフ一同願っております末長くお幸せに 庭園より予報通りに降ってしまいました、でも石垣島に住んでいるという新郎新婦様の笑顔に私たちも救われました そして何より新婦のお...

  •  0
  •  0

桜開花

庭園より今日一日で、つぼみが開き始めました。上賀茂神社も木によっては結構咲いてるのがありました、それは「しだれ桜」。この写真は大田神社前、岡田家のもの。毎年ここがいつも“1番に咲く”この町内の定説です(私だけ?かも)京都市内は相当な賑わいのようですが・・・・上賀茂はなんて静かでいいところなんでしょう(笑)ちょっと皮肉に聞こえちゃいます・・・か?カキツバタの咲くときに期待しましょう 葵だよりちょっと今...

  •  0
  •  0

取材

セコンドシェフの仕事今日はLeafさんの取材がありました ~これであなたもグルメ通!京都・滋賀の名店セレクション~なんという素晴らしいタイトル2014年6月号!!4月25日発売です。皆サマ、要チェックですよ―――!!!庭園より暖かい日となりました。ユキヤナギが満開に!まだ周りは、冬と同じ景色なのでひときわ目立ってます 真っ白な花がまぶしい!今はうちの庭の主役です。ユキヤナギの子供も2~3株生まれてますね、この調子...

  •  0
  •  0

ビスキュイ

セコンドシェフの仕事卵黄と卵白を別立てにして作る生地、『ビスキュイ』です。フランス語なのですが、ここは目をつむって下さい(笑)「Biscuit」と書きます 「Bis]は二度、「Cuit」は焼いた、つまり「二度焼いた」となります。元来はいったん焼いたパンを薄く切りカリカリになるまで焼いて保存性を高めたものをこう呼んでいました。(昔の保存食や兵糧とされていたようです)現在では外側はカリッと中はふんわり  焼き上げら...

  •  0
  •  0

庭園よりせっかく暖かくなってきたのに雨がしっかりとでもこんなときは草引きにもってこい!抜きやすいです。庭をもたれてるお客様にいつも褒められるのが よく手入れされてるということ。そのひとつが草引きなんですよね、この面積ですから大変です そしてとうとうこの時期がやってきてしまったクスノキの葉が落ち始めてます さぁ 朝の仕事が忙しくなってきたぞ!...

  •  0
  •  0

セコンドシェフの仕事日曜日のディナーに1年前にここ愛染倉で挙式されたご夫婦がお越し下さいました 「おかえりなさい」 なんと8月には新しい家族できるようで、幸せいっぱいのお二人でしたここで名言をひとつドイツの作家、ヘルマン・ヘッセより~夫婦とはお互い見つめあう存在ではなく、ひとつの星を二人で眺めるものである~8月にできる新しい家族が二人の星になるんでしょうねいつまでも お幸せに 私の仕事今度はスペイン...

  •  0
  •  0

スモーク

セコンドシェフの仕事自家製スモーク作成中です ひとことで「燻煙」くんえんといっても80℃を越すような高温で燻煙しながら食材に加熱調理する『熱煙』。最も一般的といわれる30~60℃程の煙で数時間から一日かけて作る『温燻』。煙を冷やしながら15~30℃程の低い温度でいぶす『冷燻』があります スモークサーモンは『冷燻』になります。香りのよいサクラの木で作られたスモークウッドを使用してるので出来上がりの香りはとても食...

  •  0
  •  0

秘薬

セコンドシェフの仕事これ、何だかわかりますか?実は愛染倉特製バラのジェラートに使用している『ローズヒップ』なのです 『ローズヒップ』とは、バラの果実のことでなんとビタミンCはレモン果汁の約20倍以上!自然界にある植物の中では世界一多い含有量なんですって スゴーしかも赤ちゃんの柔らかね肌を保つのに役立っていると言われているαリノレン酸も含まれているとか・・・原産国であるチリでも『若返りの秘薬』として多...

  •  0
  •  0