京都 愛染倉便り

ARCHIVE PAGE

archive: 2014年09月  1/3

結婚式

ご親族様の送迎で上賀茂神社へ愛染倉では 送迎にバスを使用してるので移動がとてもスムーズになっています。今から控え室に入るところ。今日は1組貸切のようです 上賀茂神社は式年遷宮に向け、建物がどんどん綺麗に。控え室もすごくよくなってますよ!「葵だより」 10月発行です今回は紅葉の写真を使用。地元密着型広報誌なので 上賀茂・西賀茂地域に配られています。庭園よりモミジの先端が結構赤くなってきた・・・今年はち...

  •  0
  •  0

モーウィ②

セコンドシェフの仕事前回紹介した『モーウィ』です うす―――く切って軽く塩漬けにし、キャビアと一緒にコルネットに。本日のディナー 最初の一皿で登場します。土曜日のご披露宴新婦様が一つ一つとても丁寧に作られた折り紙。特に このバラの折り紙は私初めてみたんです!感動!! 鶴もほんとに綺麗です。各テーブルにちりばめた 新郎新婦様からの・お・も・て・な・し・でした...

  •  0
  •  0

モーウィ

セコンドシェフの仕事うちのスタッフが嬉しそうに持っているもの・・・『モーウィ』 といいます。漢字で書くと「赤毛瓜」ウリ科のお野菜です 沖縄の方言で 「毛」→「モー」         「瓜」→「ウィ」からきていますカサカサとした固そうな赤い皮の中に瑞々しいあっさりとした白い果肉。琉球時代には宮廷料理の食材として食されていた『モーウィ』シェフおまかせ料理で登場します 庭園より庭に打ち水すれば サァーと涼...

  •  0
  •  0

自家製パン②

セコンドシェフの仕事『フォカッチャ』 です。定番ですネ イタリア北部ジェノヴァ発祥のパンでピッツァの元になったパンといわれています訳すと「火で焼いたもの」生地にオリーブオイルを練りこんで焼いた平たいパン。イタリアではパニーニ(サンドイッチ)に使用されることが多いですネ なぜか雨の日に美味しく焼き上がる事が多い『フォカッチャ』一度、比べてみてください 庭園より週末はいい天気になりそうです 昨日の午後...

  •  0
  •  0

自家製パン

セコンドシェフの仕事『カンパーニュ』有機レーズンとクルミ、こだわりの「ライ麦」を使って焼き上げたパンです 『カンパーニュ』とはフランス語で「田舎風パン」。素朴な味わいが故郷のパンを思い出させることからこの名がつきました。『リュスティック』こちらもフランス語で「素朴」という意味。生地の水分が多いため成形が難しく、そままの形で焼き上げます。そう、『素朴』に。ありのままで~~外パリ中モチ。はクセになりま...

  •  0
  •  0

子持ち鮎

セコンドシェフの仕事子持ち鮎の自家製コンフィです。低温でじっくり火を入れているのですが、骨までやわらかいです これを作ってるとき厨房中に鮎のいい香りが充満して仕事に集中できません(笑)――――― というのは冗談ですが、9月中頃から子を持ち始め10月いっぱいまでしか食べられない『子持ち鮎』!!是非 ご賞味下さい 庭園より日中はたいして雨が降りませんでした 風もまったく あのチーズケーキで有名な西賀茂「カラン...

  •  0
  •  0

コムソウタケ

セコンドシェフの仕事深編笠をかぶった「虚無僧」に姿が似ていることからこう呼ばれているそうです。『コムソウタケ』別名「ショウゲンジ」とも。オリーブオイルでソテーするとお米を炊いたときのような甘~い香りが・・・食欲の秋は もうすぐそこまで来ています!庭園よりこの雲、台風の端だそうです。朝早くにはもっと、くっきりラインがでてたんですが・・・めずらしいですよね飛び祝日で、何曜日かわかんなくなってますが 明...

  •  0
  •  0

ウエディングケーキ

セコンドシェフの仕事日曜日のウエディングケーキです ハート形のケーキをのせた2段タイプをリボンでラッピングした特注ケーキ。新婦様にもとても喜んでいただけた様で良かったです  いつまでもお幸せに庭園よりようやくうちの萩の花が咲きはじめました お彼岸には間に合わず・・・萩で有名な梨木神社さんは見頃を迎えたとニュースでやってましたねどっちかというとこの花は勝手に増えるので育てる苦労はありませんが、気をつ...

  •  0
  •  0