棟上げ

昭和42年 奈良から京都 北山に移された酒蔵。


貴重な当時の資料、読売新聞 昭和42年3月9日 


昭和42年3月9日


骨組み



そして


昭和42年5月24日読売新聞より


昭和42年5月24日


29日、30日に完工式が行われ


愛染倉がスタートしました。



棟上げ


            瑞気集門


             屋船命(やふねのみこと) 建物の守り神


             手置帆負命(タオキホオイ) 木の神 

     
             彦狭知命(ヒコサシリ)土の神 

                  そして

             瑞気集門祈収(ズイキシュウモン) 
     
                  “めでたい運気が家の門に集まりにぎわう”


今、愛染倉はレストラン・披露宴やパーティ会場として

この建物を活かし続けています。   
“風来坊”がご案内
Posted by“風来坊”がご案内

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply