なしか ありか

 美山の です
梨

昔は縁起を担いで『有りの実』と言っていたそうです。

元々語源は色々あって、江戸時代の学者さんが 中心ほど

酸味が強いので「中酸(なす)」というのが転じたとか。


果肉が白いから「中白(なかしろ)」や

風があると実らないから「風なし」など様々な説があります。

梨独特の“シャリシャリ感”は石細胞(すごい名前)によるもので

梨、梨両方に含まれますが、和梨の方が多く 両者の食感の違いに影響している様です。


さて、そんな梨を使って

グランテ

梨のグランテ作ってみました。

お食事後にいかがでしょうか!

梨にはプロテアーゼというタンパク質分解酵素が含まれており、消化を助けてくれます。

ちょうどいいですね。

アリですよね
 



“風来坊”がご案内
Posted by“風来坊”がご案内

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply