せこ蟹

セコンドシェフの仕事




せこ蟹

せこ蟹 とは松葉蟹の雌のことで、

卵を産まなければならない為 解禁日の11月6日から翌年1月上旬までしか

水揚げされないという貴重な蟹です。

雄に比べ小さく思われがちですが、プチプチとした外子やカニミソの様に濃厚な内子は

雌だからこそ。


そんなせこ蟹、いろんな名前をもってます、

親がに、香箱(こうばこ)、こっぺがに、などなど



回連休を利用して鳥取県の市場に行ってきました。

外子

せこ蟹は外子がたくさん入っているものが良いと教えて頂き、

たくさんの蟹の中からとっておきのモノを選んで来ました。

たくさんの中から

現地ではいいダシがでると “かに汁”にされることが多いらしく、

早速スープに

内子もカニミソも全部一緒に煮込んでみました(贅沢

作っている間、厨房中にい~い香り

この時季欠かせない冬野菜の大根とゆずの香りをアクセントに

仕上げてみました。

スープ




おまけ



こちらは手長ダコの白ワイン煮込み

手長ダコの白ワイン煮込み

もう半端なくやわらかいです

たまらん旨さです。






私の仕事



確かにたまらん旨そうですな 


私の田舎では“こっぺがに”が呼び名でしたね、

そういえば何年か前に行った社員旅行で「丹後カニ食べ放題ツアー」楽しかったなぁ~

今、私の後ろにいる ねぇ 社長


今日は頑張ったな~(社長に聞こえるように)

高史家の屋根に上って樋掃除!

樋掃除

スゴイ詰まりようでしょ

でも枯れ葉の時期と竹の笹が落ちる時期は仕方ありません、

屋根の上


今日は遠くの景色もあんまり見えません、 残念でした






“風来坊”がご案内
Posted by“風来坊”がご案内

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply