オスとメス

セコンドシェフの仕事



銀杏です。

銀杏

さっと湯通ししたものを焙って焼き目をつけてみました。

ところで皆さん、木にオスとメスがあるのをご存知ですか?

多くの植物はおしべとめしべが同一の株にあり、自己受粉して子孫を増やすのですが

「雄花」と「雌花」が別々にある木があるんです。

「雌雄異株しゆういしゅ」と言い有名なものではイチョウの木がそうなんです。

銀杏をつけるのは」メスの木だけ。

メスの木の方が実をつけたり、香りが良かったりするので重宝されるそうです。


人間社会ではどうなんでしょう。

やはり女性は重宝されて・・・います・・・よね?なんて




酒蔵より



酒蔵の玄関にある、愛染倉の書!

愛染倉

山田無文老師さまがお書きになったものなんです。

生前、愛染倉について

京都国際会館も、コッた建て物だとは思うが、やっぱり京都にはぴったりしないものを

感ずるのはわたしだけであろうか。こうした古都らしからぬものが増えてゆく昨今、

これなら京都らしい、京都の名所が一つ増えたな、という感じが深くするものが、

このごろできた上賀茂の愛染倉である。・・・・・・

・・・古い日本との郷愁にひたるのも楽しいひとときである。看板を書かされた

恥のうわぬりに、京の新名所として愛染倉を紹介する。

                          昭和42年8月2日京都新聞より抜粋


無文



“風来坊”がご案内
Posted by“風来坊”がご案内

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply