鹿ケ谷南瓜

セコンドシェフの仕事


鹿ケ谷南瓜

「ししがたにかぼちゃ」です。

お盆にお供えする南瓜として有名な この鹿ケ谷南瓜は

約200年近く前から京都で作られてきた野菜で「おかぼ」 とも呼ばれてます。


京都のお坊さんが津軽へ旅をした帰りに持ち帰り、鹿ケ谷のお百姓さんにあげたのが

そもそもの始まりだとか

夏の土用にこれを食べると病にかからないとお告げを受けた者が

仏前で供養した後、食した事から今に至るようです。


一般の南瓜よりも栄養価が高く「病にかからない」 というのも納得できる気がしますね

鹿ケ谷南瓜



“風来坊”がご案内
Posted by“風来坊”がご案内

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply