あのみのり

セコンドシェフの仕事


受粉しなければ果実が大きくならない茄子は、花粉が充実しない寒い時期、

一輪の花ごとにホルモン剤処理をして果実を大きくしていました。


ホルモン剤処理にかかる労力は、ナス農家の全作業の約3割にもおよび、

生産者の方々に大きな負担がかかっていました


そこでイタリアから単為結果性の茄子を導入し、改良し続けること約10年

(※受粉作業やホルモン剤処理をしなくても肥大する茄子)

日本の品種と交雑を行い「あのみのり」 が完成しました

茄子

一番の特徴は紫色の光沢が素晴らしく美しい皮

アクが少なく、加熱するとやわらかくトロける「あのみのり」、

リストランテでこれから大活躍すること間違いナシですネ


茄子




庭園より



今年も桜の葉を食う“毛虫”が出てきてしまいました。

あっという間の出来ごとで気づいた時にはご覧のようにもう葉がほとんどありません

桜の木


さっそく今朝、造園屋さんに来てもらい薬を散布して退治しました!

造園屋さん「下に落ちてる赤いの、これ全部フンですからねすごいでしょ!」

確かに地面は真っ赤です。


でも

葉のなくなった桜の木を見て 

私は

「掃除が楽になったな・・・フフフッ」と心の中で呟いちゃいました



“風来坊”がご案内
Posted by“風来坊”がご案内

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply